知っておきたいこと|アパート投資の魅力が満載|躊躇っているならココ
男の人

アパート投資の魅力が満載|躊躇っているならココ

知っておきたいこと

集合住宅

賃貸借契約において家賃債務保証制度を取り入れているケースが多くなってきています。その際、貸主や仲介業者との契約とは別途に債務保証会社との契約も発生します。保証会社には、事務手数料として家賃の1カ月分程度の費用がかかります。さらに、契約更新の際にも、同じく費用がかかります。この点を注意して家賃債務保証の契約をしなければなりません。また、費用の相場は保証会社によってまちまちです。1万円から3万円といった金額や家賃の半額分、1ヶ月分を収めることを求められますのでいくら支払いをするか確認しておかねばなりません。また、家賃滞納時には、保証会社からの督促があり滞納分を貸主ではなく、保証会社に支払う仕組みになっていることも注意する点です。

家賃債務保証制度は、連帯保証人の依頼が最近のお一人様時代、国際化時代に難しくなってきている現状から借主の信用を補い、担保することで住まいの確保を容易にする役割を果たしています。債務保証の契約は、保証会社との間で行われることから貸主の負担を軽減する役割も果たしています。特徴は、制度を利用することで「貸しやすく」・「借りやすく」なり、円滑な住まいにまつわる取引環境が生まれることです。また、家賃債務保証会社が住宅業界にオープンに出現することで専門性が増し、より良い規範を求められることでクリーンな社会へと発展することが期待できます。新たな保証システムが金銭の授受を生み、市場が活性化することでより良い住環境の整備に貢献できます。