高額なマンション投資|アパート投資の魅力が満載|躊躇っているならココ
男の人

アパート投資の魅力が満載|躊躇っているならココ

高額なマンション投資

模型と電卓

投資利回りの高い物件厳選

ディベロッパーがマンションを建ててサラリーマン等の一般投資家に販売する場合、居住用を目的とするマンションと区別して投資用マンションと呼びます。従って、一般投資家が1棟丸ごと購入するにしろ、1区分だけ購入するにしろ、高額な投資になります。昨今、人口減少に少子化と高齢化が加わっている現状では賃貸入居者を確保して空室率を低くして投資利回りを高めるには立地条件や周辺の生活環境に人気の続く場所であることが必要になります。従って、投資用マンションに投資する場合、1棟丸ごと、あるいは1区分だけのどちらを取るにしろ、部屋内部の設備や間取りあるいは築年数等の内容と価格との関係を検討する以上に建物の建つ地域周辺に居住する人の流れを確認することが大事です。

流動性の高いマンション

投資用マンションは広さや間取りの違いから一人暮らし用のワンルームタイプと家族向けのファミリータイプに分けられますが、大都市部であれば企業や大学等が多いはずですから、独身のサラリーマンや学生、あるいは外国人が居住しているので、ワンルームタイプの方がファミリータイプより人の出入りが多く、マンションの流動性が高いと言えます。また、価格もファミリータイプよりワンルームタイプの間取りが小さいので投資資金も少なく済みます。更に、新築物件の方に入居希望が多いと考えられますが、賃貸料も高めに設定されていますから、最近のように景気が余り良くない状態の時には築年数の浅い中古物件に意外なほど賃貸人気が集まるようです。投資用マンションとしても新築物件には新築プレミアムが加わっているため、築浅の中古物件を購入する方がお得感が出るはずです。但し、中古物件は新築物件と比べると耐久性や耐震性の面で劣っている可能性があるので、新耐震基準の適用された物件を選ぶことが大切です。