外観

アパート投資の魅力が満載|躊躇っているならココ

高額なマンション投資

模型と電卓

一般投資家が初めて投資用マンションを購入する場合、企業、大学等が集中し、賃貸需要が多いと考えられる大都市部で物件を探した方がいいでしょう。立地条件や周辺の生活環境に人気の続く場所に建つ築浅の中古ワンルームマンションを選ぶことがコツのようです。

Read

細部までこだわろう

笑顔の女の人

マンション管理は家主が行うのではなく、不動産会社が行うことが多くなっています。その代わり、専任になってもらうことが大切です。また、信頼できる不動産会社に管理を任せられるようにすることがポイントとなってきます。

Read

アパートに投資する魅力

模型

アパート投資の重要点となるのが空室率といえます。常時安定感がある入居率を維持しなければ家賃収益もうまくいきません。とりわけアパートにつきましては入居者の交替が多い特徴が見られるため、常時有効な対策が必要になってきます。管理運営を管理会社に対して任せている場合、頻繁にコンタクトを取って空室の様子を見ておくことが重要になります。それから、引越しシーズンは効果的に入居者が変わるような解決法を取らなければなりません。そして維持及び管理自体にかかるコストが重要になります。アパート投資は、家賃収入額がそっくりそのまま手元に納まるわけにはいきません。毎月の出費をきちんと念頭に置いて経営を行なわなければいけません。

アパート投資は、家賃の収入という安定感のある利益を享受する事ができる振れ幅の少ない投資といえます。今後の年金の収入の予想が困難を極める今の時代において、若年層にも一目を置かれる資産運用といえます。節税等の税務メリットがたくさんあり、借入金に対する生命保険効果に関しても利用できますので人気になっています。景気動向に大きく影響を受けにくいのが、アパート投資の特性のひとつです。長期間にわたって確固たる家賃収入が実現でき、将来的な年金の代役になります。家賃保証、或いは滞納保証制度を活用することで一段と安心することができます。その上、自己資金の限度内がオーソドックスな投資ですが、アパート投資は自己資金よりも大きい投資ができます。

知っておきたいこと

集合住宅

近年、家賃債務保証制度が活性化しつつあります。連帯保証人制度を補完しうる新たな制度は、不動産賃貸業界に社会性と経済性を持ち込みより良い発展が期待されています。借主の負担を開示しつつ制度の整備がより充実することが社会に貢献できる責務となります。

Read